Entries

スポンサーサイト

スペイン語

実は話せるんです。昨日、ATR(Athletic Training Roomの略です)にカイロプラクターが来ました。骨をゴキッとやる人ですね。(ちなみに、アメリカのカイロプラクターはdoctorと呼ばれます)で、彼が小学生低学年くらいの息子を連れてきました。最初、「水が飲みたい」と言ったから、コップを渡すと、背伸びをして水道の蛇口を回して水をいれて飲みました。カワイイですね。次に、「バンドエイドが欲しい」って言うから、見てみる...

スポーツとは何か

というテーマで熱く語った、Final Exam前夜。勝負が全てだ、という彼に対し、自分はそうは思わないという、互いの意見の違いから、次第に議論が激しくなり、ついには蹴飛ばされる羽目に。その相手。父、一徹。貫禄たっぷりでした。テスト前夜の3時間睡眠。何故か見たこの夢。目覚めはよろしくなかったです。起きたら頭痛かったし。4時間後のテストで、夏学期終了!...

生え

4月らしい暖かさを取り戻したArkansas。彼らもまた、戻ってきました。ハエ。懐かしく思いながらも、やはり煩わしい。しばらく出番の無かった相棒も、活躍の季節です。こんな経験もあったので、殺さずに逃がします。久々のハエとの戦いだけれど、腕は鈍っておらず。飛んでいるハエだって、サッと捕まえます。一度のスイングで失敗しても、小次郎ばりの返す刀(?)で捕まえる技も会得。今日も、ハエが部屋に現れました。飛行の経路...

ボスケテ

昼下がりに車を運転していた時の事。対向車線の車が、ウインカーなしで、自分の走行車線をまたいで左折していきました。自分がブレーキを踏まなければ接触しているタイミングだったので、こんにゃろ、とクラクションを思いっきり鳴らしてやろうと、ハンドルの中央部を叩きました。ボスッボス??聞こえてきた音は、自分が期待していた高らかなクラクション音ではなく、自分の手が思い切り叩いたハンドルの中央部が生んだ、ぬるい衝...

天 地 己

天知る 地知る 己知る他人に知られなければいいや、知られなくってよかった、と思っても、天地、そして自分は知っている、という意味ですね。幼稚園か、小学生の低学年時に聞いた言葉ですが、よく覚えています。昨日の統計のクラスでの事。不覚にも、意識が飛んでしまいました。ゴン!!という音に目が覚めると、それは教授が居眠り学生に激怒して黒板を叩いた音、ではなく、自分の頭が壁を強打した音でした。(理解するまで、約...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。