Entries

スポンサーサイト

かぼちゃ

ホラー映画が好きな人の気持ちが理解できない。好き好んで怖い思いするなんて。しかも後引くじゃんね。自分、昔は相当な怖がりでした。ジュラシックパークに耐えられなくて途中で映画館から逃げ出したくらい(当時小学生)。ターミネイター2を初めてみた時も危なかった(今はベストムービーの一つだけど)。プレデターも、姿が見えないってのが反則的に怖かった。寝る前とか、風呂で頭洗っている時とか怖い思いをしたものです。今...

お気に入り

パソコンの"My favorite(お気に入り)"には、"Japanese basketball players"というフォルダがあります。このフォルダには、有名な田臥選手や中川選手を始めとして、アメリカで挑戦をしている人達(bj leagueの人もいます)のブログが並んでいます。彼らの文章を読むたびに、こみ上げて来る感情は、「羨ましい」です。彼らの技術が、ではなく、自分のバスケットへの限界に挑戦している事に対して。当然、大きなリスクを背負っての挑...

忘れられた命

前にも書いたけれど、この街はハエが多いです。道路を挟んで牧場があるので、なおさら。たいていは無視しますが、たまに羽音の大きなハエがいると、前に書いた小さな虫取り網で捕まえて外に出します。一昨日の晩もうるさいのがいたんです。いつものように捕まえたのですが、勉強中だったのと外にでるのが面倒だったのとで、逃げられないように網を床において勉強を再開しました。このハエの事を思い出したのが昨日の晩。ハエって、...

勝利と、もう一つの嬉しい出来事

5連敗で迎えたTennessee戦。第一セットを取った後、取りかけた第二セットを落とすという悪い癖が出たものの、3-1で勝利。最後のスパイクが決まった瞬間は、選手もスタッフも今までで一番の喜びよう。残りのシーズン、この雰囲気が続くといいな。心が震えるシーンがありました。第三セットの勝負所、相手チームのエースのフルスイングをリベロの選手が飛び込んで拾ったものの、ボールは大きくコートの外へ。触っただけでもファ...

年末キック

「年末キックします」こんなタイトルのメールが来たら驚きますよね。本当は「年末帰国します」とタイプしたつもりでした。ミスタイプはよくあります。"I went to the liver for fishing" とメールに書いたら、"It's scary"と返事。肝臓に釣りにいったよ。ShiftとCaps Lockを押し間違え+考え事気が付いたらTRYYYYYYYYYYYYYYYYYYある漫画に出てきそうな勢いです。以前にも書いたけど、やほお。yahooのホームページを開こうとしたと...

結婚の免許証

ウィノナに住むカピバラさんから回ってきたバトン。高校時代のチームメイトが結婚して身近に感じたし、学校が変わっても回してくれた事が嬉しかったので、いってみます。Q1.結婚したいですか? ええ。形式に憧れることはないけれど、生涯を共にしたいと思える相手がいることが素敵です。Q2.何歳で結婚したいですか? 30歳前かなー。と思いつつ、年齢よりも自分と相手の状況です。年齢に焦ったりはしたくないし、しないと...

恋焦がれ

考えれば考えるほど、想いは募るばかり。その度に現実に目を覚まさせられるけれど、気がつくとまた考えている。諦めなきゃ、という気持ちが想いを強くする皮肉。紅葉が始まりだしたこの季節。アメリカでやるバスケットは、ファウルの基準と、とり方が日本とは違う。ファウルを受けた側がコールしない限り、ファウルにならない。アメリカ人は(特にガタイのいい方たち)ファウルされてもプライドがあるから、あまりコールしません。...

くだらない日記です

今日はとてもいい天気。秋めいた少し冷えた空気と、それを暖めずに自分を暖めてくれる太陽。アパート前の牧場の馬たちも気持ちよさそう。「何を考えてるんだろう」なんて馬の気持ちを考えてしまうくらい、気持ちのいい日。午前中はRATAの資金集めのための"pancake breakfast"レストランを借りて、、、うーん、分かるように説明すると時間がかかりそうなので省略。で、帰宅後はいい天気がもったいなかったけれど、勉強開始。天気の...

まる

愛犬まるの命日も、2回目。今年は去年のように夢には出てきてくれなかったけれど、同じように、想いを馳せました。...

習慣

新しい習慣を身につける事と、持っている習慣を捨てる事。勿論、程度とモノによれど、両方とも容易い事ではない。前者には「時間」と「覚悟」が、後者にはさらに「勇気」が必要。今朝、嬉しい報告を受けました。今の自分の生活には中々良い習慣が根付いているな、と思っていたけれど、それに甘んじることなく、良い習慣はさらに改善して、逆の習慣を減らしていこう、って思わせてもらった。今週末はバレーボールチームが遠征(また...

感情移入と自分の無力さ

小学生の時から、プロボクサーになる事を夢みてトレーニングを重ね、ついに夢を叶えるものの、弱った相手を倒れるまで殴れなくなってしまい、その道を諦めた友達がいる。アスレティックトレーナーの、怪我をした選手に対する感情移入。敢えて押さえる必要もあるのかな。今、担当しているバレーボールには慢性的な怪我を抱えている選手が数人いるけれど、特に深刻な選手が2人いる。Planter Neuromaを抱えている4年生。これは足の中...

逃げ切るか、押し切るか。

バレーボールはバスケットと違って時間制限はない。自分達が得点を挙げないかぎり、逃げ切ることは出来ない。つまり、押し切らないといけない。時間制限のないスポーツの醍醐味と怖さをみました。また、コーチの判断の重要さと難しさも。ホームで初の敗戦。モノにすれば大きな一勝だっただけにチームも自分も意気消沈。ここ数試合、不調のエースに代わってチームを支えている3年生が絶不調。スパイク、サーブ、レシーブの全てがい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。