Entries

スポンサーサイト

お出かけ

この週末は、Arkansasの首都LittleRockに行ってきました。泊まったホテルは、アメリカで使ったホテルの中では最上級。。というか、ホテルと名の付く場所に泊まったのは初めてか。セメスターの終了が近づき、来週は課題やらテストが待っているというこの週末、ゆっくり観光を楽しんできました。というのは希望的冗談で、AATA(Arkansas Athletic Trainer Association)のミーティング(?)があったので、二泊三日で参加。主な目的...

本音

このセメスターも、残すところ2週間となりました。少しも実感がないけれど、やるべき事をこなしていけば、自然と終わるでしょう。実習後は、その足でバスケ。少なくとも2日に一回はしないと、気持ちが悪くなってしまうのは、困ったものです。テスト前、セメスター終盤とか関係ないですから。この大学の体育館には、3面コートがあって、大抵Aコートはハイレベル、BとCは、そこでプレイをする事を躊躇する人達がバスケをします。基本...

SOS

助けてください。という意味のSOSではありません。昨日は、UofAがホストをした陸上の大会の手伝い。午後の2時から夜の10時までだったのだけれど、昼は日差しに焼かれ、夜は冷たい風に凍えました。学生に混ざって、NIKEと契約をしているプロのスプリンターも走りました。世界記録保持者らしいく、まさに圧巻の走り。一緒に走った学生達は、全米のトップクラスなのだけれど、それでもその差は歴然。スタートを切ってから数秒後。他の...

Oh baby!!

部屋の中を飛んでいたハエを捕まえて外に逃がしたので、落ち着いて日記が書けます。今日のヤツは素早かった。フットボールチームでの実習では、Physicalsと呼ばれる選手達の身体検査が行われています。このセメスター、フットボールチームには自分を含め5人のATprogramの学生+4人のUndergraduateからの学生が配属されています。毎日、学生の中から2人がPhysician Assistantのオフィスへ行き、身体検査の手伝いをします。手伝い、...

生え

4月らしい暖かさを取り戻したArkansas。彼らもまた、戻ってきました。ハエ。懐かしく思いながらも、やはり煩わしい。しばらく出番の無かった相棒も、活躍の季節です。こんな経験もあったので、殺さずに逃がします。久々のハエとの戦いだけれど、腕は鈍っておらず。飛んでいるハエだって、サッと捕まえます。一度のスイングで失敗しても、小次郎ばりの返す刀(?)で捕まえる技も会得。今日も、ハエが部屋に現れました。飛行の経路...

自分 人 他人

自分の夢、目標を追うこと。自分の大切な人達の幸せを願うこと。自分の環境に感謝すること。自分なりに考えて、自分なりに頑張っているつもりだけれど。そこには、いつも「自分」がある。先輩の日記で紹介されていた、エチオピアの病院で働いていた、ある女性の日記を読みました。自分の生きてきた道、描いているこれからの道を否定するつもりは毛頭ない。そこには夢も希望もある。けれど、彼女の日記を読み、己の小ささを感じ、自...

週末

冬を思わせる天気だった昨日に比べて、日差しも強く外で運動するにはいい天気。Athletic training programのチームで参加しているIntermuralのソフトボールの試合がありました。結局3点差で負けてしまったけれど、打ち方のコツも少しだけ分かった「気がする」し、楽しかったな。これがバスケだったら、負けて楽しいなんて事はありえないんだろうけど。高校時代のチームメイトから、就職の内定を貰ったとの報告が。まだ就職活動は続...

The pass

アメリカでのバスケは、日によって集まるプレイヤーが変わるのが楽しい。ジムのドアを開ける瞬間の、「今日は誰がいるかな」というワクワクが。今日は最上級のプレイヤー達に合えた、ラッキーな日でした。ジムに行くと、University of Arkansasのアスリート達が数名。フットボールの選手、陸上競技の選手、そしてバスケの選手。このバスケの選手は一年生ですが、Univesity of Arkansasの先シーズンの得点王であり、今年NCAAを制し...

他人や環境に左右されず、心を常に一定の状態に保っておきたい。という願望があります。少し語弊があります。+の感情への振れは大歓迎です。+への振れを拒むほど、まだ枯れてはいません。今週は大き目のテストがあった事と、自分の都合だけでは解決しない問題が幾つかあったせいか、昨日は自分でも少し疲れているな、と思っていました。そういう状況だと、普段であれば全く気にもならないであろう事や、気になっても「まぁいいや...

経験

先週の土曜日は、フットボールチームのスクリメージ。紅白戦みたいなものです。一般開放されたので、結構な数の観客が足を運んでくれました。メジャーなプロスポーツチームが無いアーカンソー。そんな州民にとっては、この大学の、さらにその中でも花形のフットボールチームは大きな娯楽らしいです。携帯のカメラを選手に向ける観客の多さに、自分が普段接しているアスリート達が皆の憧れの存在であることを感じました。自覚はある...

日本のスポーツ環境

4月なのに、雪が降りました。照りつける日差しに苦しんでいた実習が、一日たって寒さに苦しむことになるとは。防寒の為に急遽支給されたスウェットシャツがXXL(アメリカサイズ)。寒さには適わないのでダブダブのスウェットを着て働きましたが。このところ更新が滞っていたのは、書こうと思っている事が決まっていて、それが時間がかかるのも分かっていたからです。というわけで、少々長くなるかも知れませんが、時間のある人はど...

道標

          アメリカに行きたい、と思っていた時には、すでに留学をしている日本人が星の数程いて、Athletic trainingを勉強している人達も多くいた。今いる大学院で勉強をしたい、と思った時には、今のルームメイトでもある先輩が既にいてくれた。自分が何かを目指したとき、そこには前例という道標がいつもあり、それにどれだけ助けられてきた事か。昨日、フットボールチームでの実習を終えた後、片道3時間弱をかけて、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。