Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

台湾の交通

すごいです。

公共機関がとても発達しています。
車がなくても、不自由なく各地が回れます。

横断歩道を渡っていても、スクーターが目の前を通過します。
そのスクーターが3人乗りだったりします。
たまに犬も乗っています。
その犬も、チワワとかの小さいのではなく、ゴールデンレトリバーとか。
とりあえず、歩行者優先ではないです。

パトカーの後ろを、明らかにスピードオーバーのタクシーが走ります。
はたから見ると、パトカーがタクシーに追いかけられている図。
男と女の声が出せる、といって歌ってくれたりする個性的な(おかまっぽい)運転手もいました。

バスも、一般車両をあおったりします。
乗った直後に走りだします。
滞在中に映画デスノートを見たのですが、映画中の運転手が
「出発します、座席にお座りください」と乗客に声をかけるシーンがあるのだけれど、「台湾じゃありえない」と、その違いにフィオナも笑ってました。

電車内は、改札を通ったら、一切の飲み食いが禁止です。
見つかると、結構なペナルティーがあるとか。
毎晩、フロアやら天井やらが掃除されているので、綺麗に保たれています。
日本の電車と違って、急行とか準急とかの区別はないみたい。


台湾の人達にとっては、これらが常識。
日本人の自分にとっては「危ない」と思う事も、彼らはそれを承知で準備ができているから大丈夫なんでしょう。

色んな違いがあって、最初は戸惑ったけれど、慣れてくるとその刺激が丁度良く楽しめてくるのが不思議。

でも、台湾で運転ができるとは思えません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。