Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C406]

大変そうやな~、テスト。俺の経験から行くとGREのMathはとりあえず、どれだけ速く正確に問題を解くかやな~。問題は簡単やけど。それと、ETSのホームページでDLできるパソコンでの模擬テストみたいなやつは絶対やっといたほうがいい。というのも、実際受験したとき、本になってる過去問と実際の試験の難易度が違うと思った(実際の試験の方が難しかった)。ほんで、パソコンの模擬テストの方が難易度的にはかなり近かったような気がする。Verbalの方はとりあえず単語。問題はコツがつかめると、解けるようになるけど単語がわからんかたらどんだけコツがつかめても絶対とかれへん。
CSCSはとりあえず、CSCSの本のサイエンスセクションをよく勉強することちゃうかな。大概、落ちたって話を聞くときは、みんなこのサイエンスセクションをミスってるみたいやし。それに、本に載ってる表とかグラフとかは全部、頭に入れといたほうがいいよ。特に、Fluid intake, energy system (exercise time & intensity), major hormones (testosterone, GH, insulin-like growrth factor I, cortisol) in relation to exercise regime, periodization, volume & intensity for power, max strength, hypertrophy, strength endurance, biomechanical leverageなど。テストにも出るし、実際知っとくとめっちゃ実践的。あとは、cleanとsnatchのしかたを細かく勉強しといたほうがええと思うよ。特に、power cleanのfirst pull, scoop, second pull, high pull & shoulder shrug, triple extensionとか。あと、CSCSは最近TOEFLみたいにPCで受けれるようになったから、自分で一番近い場所を選んで、好きな日を指定できるよ。その場で自分のスコアもわかるし、便利みたい。
Grad schoolは、DIがええんちゃうかな。経験が違うと思うで。もしかしたら、バスケ専門のATRがあるところもあるかもしれへんし。UNCとかは、バスケ専用のS&Cとかウェイトルームとかがあるから、ATRがあっても不思議じゃないと思うし。
以上、長かったけど参考にしてみてね。
  • 2007-07-01
  • ウィノナにいた脹脛の太い人
  • URL
  • 編集

[C407]

だって数学って言ったってMATHだよな?
英語で答案とかWRITEするんだよな?
VERYたいへんだがな~。
おれも試験がCOMING SOONだよ。
THIS YEARこそ、好成績をだしたいよ。
マイト。
  • 2007-07-02
  • おまご。
  • URL
  • 編集

[C408]

頑張ってるねーー
お久しぶり ゼミ生同期の大地です。
僕も社会人3年目を迎えて、今年は動く年に
しようと思ってるよ。 具体的には、
早稲田の大学院に行こうかなって。
スポーツマーケティングを学んで、球団経営とかに関わって行きたいなって。 ATとかとは道が少し変わるけど、そういうの楽しそうだなって。
ATCはうちのゼミはユッケだけだから、頑張ってねーー  色々な人材がいた方が楽しいじゃんね☆  俺もゆっけに負けないように頑張るよーー
  • 2007-07-02
  • DAICHI
  • URL
  • 編集

[C409]

ゆっけ、頑張ってるね!!
ダイチも次に進もうとしてるね!
あたしも負けてられないな。
まだ実家の仕事が抜けられそうにないけど、何とか先に進もうと思うよ。
よーし、頑張ろう!!!!!
  • 2007-07-02
  • わかな
  • URL
  • 編集

[C410]

S君
いやー、ホントに参考になるな。
ありがとう。
気合入れて、GREもCSCSも勉強するわ。
CSCS、コンピューターになってどこでもいつでも受けれるとは俺も聞いていたんだけれど、NSCAのHPで日程を調べると、どうもそうではない感じなのよ。
DIIはね、GAに任せられる責任が大きくなるかもな、って思ったんだ。
でもおそらくDIを選ぶと思う。
また、聞く事があったら質問するわー。

MAGO。
YONAGO弁と、英語の組み合わせ、意外といけるね。
この一年は結構勝負の年。
共にがんばろうぞ

マイト。


DAICHI
おひさー。
大地、もう社会人3年目なんかー。
早いねぇ。
大学に戻るんだね。
帰国する時には、大学に寄るだろうから、会えそうだね。
色んな場所で、それぞれの専門に強くなったら再開がより楽しみになるね。
がんばろー!!

わかな
実家の仕事って、歯医者さんだよね。
色々都合があるだろうけれど、自分中心で考えていい時もあると思うよ。
がんばろーね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

一年後

University of Arkansasでのプログラムも、半分が過ぎようとしています。
一年後(10ヶ月後か)には、留学の最初の目的であるCertified Athletic Trainer (ATC)になる為のテスト、NATABOC試験です。

が、ATCになる事は最初の目標でしかなく、自分の目標はまだまだ先にあります。
という事で、このプログラムを卒業した後の事も具体的に考える必要があります。

おそらく、また別の大学院に行くと思います。
Graduate Assistantというポジションを狙います。
これは、学校に貢献する(自分の場合はアスレティックトレーナーとして学校で働く)事を条件に、学費免除+生活費支給というもの。

これ以上親に負担をかけずに更なる勉強ができる+アスレティックトレーナーとしての経験も積めるので、自分には一番の選択だと思われます。

今は比較的時間がのんびり流れている時期なので、この進路について時間を費やしています。

まずは、大学院選び。
何を勉強するか。
ここでも、まだ迷っています。
10年、20年後を考えた勉強をするのか、
まずは2,3年後を考えた勉強をするのか。
Devision I の方が、キャリアとしては評価が高くなるのか、
IIの方がGAとしての経験を積む時のメリットは大きいのか。

そして、GAの待遇。
学校によって、学費全額免除、半分免除、In-state扱い等色々あります。
Stipendと呼ばれる給料も、まちまち。
GAの条件だけで生活する事が前提ですので、学費は免除、Stipendは高め、生活費は安いの三拍子がベストというか必須。
NewYorkやCariforniaには住めません。

こう考えると、中々「ここしかない!」という大学を選びきるのは難しいです。

今のプログラムに入る時は、条件としてUofAしかなかったので一校のみに出願というリスクはありましたが、楽でした。
そういえば、日本の大学に入学した時も一校のみの出願でした。

まあ、今回はどこかの大学に入らないと帰国という道になるので、冒険は避けます。


そして、どの大学院を選ぶとしても、準備しておく必要があるもの、というか試験が3つ。

TOEFL
アメリカの大学を卒業していれば受験しなくて良い、という所もありますが、GAポジションの選考条件になっている所もあるので、受験必須。
特にSpeakingのセクションの得点が条件になっている所が多いです。
年明けに一度受けましたが、もう少し高得点をとっておきたいです。

GRE
Graduate Record Examinationの略らしいです。
アメリカ人の学生も大学院出願の際に受けるテスト。
論文、英語、数学の3科目らしいです。
英語はアメリカ人でも難しいらしく、多くの受験者は、「捨てた方が賢い」と言います。
数学で満点を狙うのが定石のようですが、さて。

CSCS
Certified Strength and Conditioning Specialistの略で、アスリートの傷害を扱うAthletic Trainerとは違い、トレーニングを専門とする人の為の資格です。
ATC兼CSCSの人は少なくないようです。
大学院に出願する時も含め、今後の為になると思うので受験します。
もともと興味もありますし。


年明けはBOC試験対策に集中したいので、年内に上記の3つをクリアしておきたいところです。

ただ、3つとも受験するのに手間がかかります。
試験のスケジュールが少なかったり(TOEFLは特に)、スケジュールがあっても遠かったり(CSCSは別の州で受けると思われます)。
そしてお金もかかります。

早いところ、全てのスケジュールを確定して動きださないといけません。



来年のこの時期は必ずやってくる。
その時には、ATCになっていて、次にいく大学院も決まっている。
イメージは十分にできます。
あとは、自分次第。
がんばろっと。
スポンサーサイト

5件のコメント

[C406]

大変そうやな~、テスト。俺の経験から行くとGREのMathはとりあえず、どれだけ速く正確に問題を解くかやな~。問題は簡単やけど。それと、ETSのホームページでDLできるパソコンでの模擬テストみたいなやつは絶対やっといたほうがいい。というのも、実際受験したとき、本になってる過去問と実際の試験の難易度が違うと思った(実際の試験の方が難しかった)。ほんで、パソコンの模擬テストの方が難易度的にはかなり近かったような気がする。Verbalの方はとりあえず単語。問題はコツがつかめると、解けるようになるけど単語がわからんかたらどんだけコツがつかめても絶対とかれへん。
CSCSはとりあえず、CSCSの本のサイエンスセクションをよく勉強することちゃうかな。大概、落ちたって話を聞くときは、みんなこのサイエンスセクションをミスってるみたいやし。それに、本に載ってる表とかグラフとかは全部、頭に入れといたほうがいいよ。特に、Fluid intake, energy system (exercise time & intensity), major hormones (testosterone, GH, insulin-like growrth factor I, cortisol) in relation to exercise regime, periodization, volume & intensity for power, max strength, hypertrophy, strength endurance, biomechanical leverageなど。テストにも出るし、実際知っとくとめっちゃ実践的。あとは、cleanとsnatchのしかたを細かく勉強しといたほうがええと思うよ。特に、power cleanのfirst pull, scoop, second pull, high pull & shoulder shrug, triple extensionとか。あと、CSCSは最近TOEFLみたいにPCで受けれるようになったから、自分で一番近い場所を選んで、好きな日を指定できるよ。その場で自分のスコアもわかるし、便利みたい。
Grad schoolは、DIがええんちゃうかな。経験が違うと思うで。もしかしたら、バスケ専門のATRがあるところもあるかもしれへんし。UNCとかは、バスケ専用のS&Cとかウェイトルームとかがあるから、ATRがあっても不思議じゃないと思うし。
以上、長かったけど参考にしてみてね。
  • 2007-07-01
  • ウィノナにいた脹脛の太い人
  • URL
  • 編集

[C407]

だって数学って言ったってMATHだよな?
英語で答案とかWRITEするんだよな?
VERYたいへんだがな~。
おれも試験がCOMING SOONだよ。
THIS YEARこそ、好成績をだしたいよ。
マイト。
  • 2007-07-02
  • おまご。
  • URL
  • 編集

[C408]

頑張ってるねーー
お久しぶり ゼミ生同期の大地です。
僕も社会人3年目を迎えて、今年は動く年に
しようと思ってるよ。 具体的には、
早稲田の大学院に行こうかなって。
スポーツマーケティングを学んで、球団経営とかに関わって行きたいなって。 ATとかとは道が少し変わるけど、そういうの楽しそうだなって。
ATCはうちのゼミはユッケだけだから、頑張ってねーー  色々な人材がいた方が楽しいじゃんね☆  俺もゆっけに負けないように頑張るよーー
  • 2007-07-02
  • DAICHI
  • URL
  • 編集

[C409]

ゆっけ、頑張ってるね!!
ダイチも次に進もうとしてるね!
あたしも負けてられないな。
まだ実家の仕事が抜けられそうにないけど、何とか先に進もうと思うよ。
よーし、頑張ろう!!!!!
  • 2007-07-02
  • わかな
  • URL
  • 編集

[C410]

S君
いやー、ホントに参考になるな。
ありがとう。
気合入れて、GREもCSCSも勉強するわ。
CSCS、コンピューターになってどこでもいつでも受けれるとは俺も聞いていたんだけれど、NSCAのHPで日程を調べると、どうもそうではない感じなのよ。
DIIはね、GAに任せられる責任が大きくなるかもな、って思ったんだ。
でもおそらくDIを選ぶと思う。
また、聞く事があったら質問するわー。

MAGO。
YONAGO弁と、英語の組み合わせ、意外といけるね。
この一年は結構勝負の年。
共にがんばろうぞ

マイト。


DAICHI
おひさー。
大地、もう社会人3年目なんかー。
早いねぇ。
大学に戻るんだね。
帰国する時には、大学に寄るだろうから、会えそうだね。
色んな場所で、それぞれの専門に強くなったら再開がより楽しみになるね。
がんばろー!!

わかな
実家の仕事って、歯医者さんだよね。
色々都合があるだろうけれど、自分中心で考えていい時もあると思うよ。
がんばろーね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。