Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C453] 同感

ひさしぶりー

おれもスポーツドクターをやりたいと思ってるけど、いざ実習とかいくと同じような違和感を感じるよ。

悔しいけど、これが自分の生きる道だと思ってがんばる。

将来、ゆっけと共に仕事をする機会があるとうれしいなぁ。
  • 2007-09-04
  • あっち
  • URL
  • 編集

[C454]

コメントをどうぞ
  • 2007-09-04
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C455]

上のは失敗です。すいません。

そして、日記の内容、なんか分かる気がします。
生意気言ってすいません。

自分はもともと教員にあこがれてて、でもアホみたいな理由で断念して。

そこでその教員とはまた違った立場から学校教育(生徒)を支援できる会社に入ろうと思ったわけです。
そうすれば赴任先の学校だけでなく、沢山の学校と関われるし、社会人として得る経験はきっと財産になるだろう、と納得してたはずなんです。

でも入社して数ヶ月、なんか違和感を感じてて。
すごい自分勝手だし、今得ているもの決してムダではないとは分かっているのですが…。

ただ今の状況から逃げているだけで、そんなんじゃ自分の望むような現実になっても結局苦しくなった時に同じように逃げてしまうのではないか、とも思うので今は今ある目標に向かって進んでいくだけしかないのかな、と思ってます。

長々とすいません(><;)
  • 2007-09-04
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C456]

その違和感は、きっと神様がくれた大切なきっかけ。
「ゆっけは善い方向に向かっているんだよ」っていうメッセージだと俺は思います。

気付かぬうちにプライドやら周りの目やらが邪魔をして、一番行うことが難しい「自分と向き合う」ってことが今出来ているんだから。

ゆっけなら大丈夫!!
きっと善い方向に進めるよ☆

遠くからいつもゆっけの幸せを祈ってます(^^)v
  • 2007-09-04
  • ゆっきー
  • URL
  • 編集

[C457] ひさしぶり

俺が大学でトレーナーを始めた時,似たような事を感じたよ.
それがなくなったのは新たな喜びや感動を見つけた時かな.
自分がリハビリやテーピングを施した選手が試合で死に物狂いで活躍する.
その時の感動はプレーヤー時とはまた違った感じだった.
今はミニバスでコーチしてるけど,バスケットボールに触れた事もなかった子達が試合を楽しんでいる.
この感動をまた格別かな.
  • 2007-09-05
  • もっとん
  • URL
  • 編集

[C458]

その違和感、結構共感する。だからこそ、いつまでたっても、バスケはやめられへんし、鍛えるのもやめられへんという部分もちょっとあるかな。プロじゃなくても、アマでもアスリートであることには、変わりはないと思うし、そうでありたいと思うのもあったりもするかな。。。
  • 2007-09-05
  • ウィノナで脹脛が太かった人
  • URL
  • 編集

[C459]

コメントをくれた皆、ありがとう。
かなり深く考え込んでたりしたので、その分、皆の共感やコメントが心に響きました。

あつし
自分の目指しているものに疑いはないけれど、それでも感じてしまうんだよね。
次の人生ではプロスポーツ選手になりますか 笑
俺も、是非一緒に働きたい!
それまでに経験とスキルを磨いてくるよ。

つよし
確かにね、違和感を感じてすぐに逃げ出してしまうのは間違いだと思う。それなりの期間、そこで我慢して学ぶ事は大切だと思うな。
教員をあきらめた理由は分からないけれど、まだ気持ちがあるのなら再挑戦していいと思うけれどな。教育に関わる別の視点での経験も生きると思うし。

ゆっきーさん
久しぶりです!
確かに、まさに「自分と向き合う」テーマだと思います。「夢」という言葉に覆われていた、自分の一番芯になっている部分ですから。
上手にこのチャンスを生かして、一歩進めたら、って思います。
優しいコメント、ありがとうございます。

もっとん
やっぱ同じ経験をしたのね。
俺は今、その両方を同時に感じて、ちょっとこんがらがってる状況だよ。
確かに、トレーナーとしての喜びも感じているんだけれどねー。
もうちょい、時間がかかるかもしれないや。

S君
そうそう、だからこそ自分がプレーする事はやめられないし、ただバスケを楽しめればいい、とは思わないんだよね。上手くなりたい。
アマでもアスリートである事ね。
その通りだ。

[C460]

すごくわかります。
人の気持ちなんて、そう簡単に理解できないけど、ここに書いてあることすごくわかります。

失敗や挫折はだれもがするし、それを乗り越えれば強くなる。
とはよく聞くけど、やっぱそんなに容易くないよね。
  • 2007-09-07
  • 田代
  • URL
  • 編集

[C461]

多分、君は理解してると思う。

[C462]

ゆっけの気持ち、よく分かります。
自分も同じよな気持ちを感じたことがあるよ。
私は病気で運動出来ない時期があったから、
今はプレー出来るだけで結構幸せ。



ってのは、嘘です!(笑)
やっぱり上手くなりたいって、やってる以上は思ってしまうよね~。。

でも今感じてる苦しさ・違和感を、いつか思い出して笑える日がきますように・・・!
頑張れゆっけ☆

[C465]

返事が遅れてすまん、曽根。

そうそう。
プレーできるだけで幸せ。。。。じゃ納まらないんだよね。
また、一緒にバスケするぞー。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

受け入れる事

憧れや、夢。

それは変わっていくし、それに対する想いの強さも、また違う。
大抵の場合、一つの憧れや夢を断念し、または現実に砕かれ、それに変わるものをまた見つけて生きていく。

自分を肯定せずに生きるのは辛いから、断念した憧れ、砕かれた夢は自分で消化していかないと、次に進む足かせにもなってしまう。

人生の中で、もっとも強く望んだものを叶えた人は、どれだけいるんだろう。






バスケットボールチームでの実習が始まってから、ずっと自分に違和感を感じていました。

待ちに待っていた実習先。
ルームメイトに譲ってもらったポジション、という意味合いもあり、気合は十分。

だったハズなのに感じていた違和感。

正体に気づきました。

選手に対する、(御幣はあるけれど)嫉妬に近い感情。
自分がなりたかったものを、間近で、違う立場から関わる事。

”アスリートになりたかったが、それは叶わなかった。だからこそ、そのアスリートを尊敬できるし、彼らの手助けをできる事に意義を感じるし、それが新しい自分の目標”

そう考えていたハズだけれど、言い聞かせていた、という表現の方が近かったみたいです。

バレーボール、フットボールを担当し、薄々感じていたけれど、初めて自分の専門とするスポーツに関わった事で明らかになりました。

憧れつつも、ずっと前に受け入れていたと思っていた感情は、まだまだ受け入れられていませんでした。

自分は、もう、そっちには行けない。

実習の後に自分がバスケをすると、自分を棚に上げるわけでも、相手を悪く言うつもりも全く無いのだけれど、「このレベルが、自分がバスケをするレベルなんだ」と痛感する。

いつまでそんな事を言っているんだ、って思われるかもしれない。
自分でもそう思う。

けれど、心から受け入れるのはなかなか難しそうです。


トレーナーとして一番上まで行ったら、何かが変わるかもしれない。


スポンサーサイト

11件のコメント

[C453] 同感

ひさしぶりー

おれもスポーツドクターをやりたいと思ってるけど、いざ実習とかいくと同じような違和感を感じるよ。

悔しいけど、これが自分の生きる道だと思ってがんばる。

将来、ゆっけと共に仕事をする機会があるとうれしいなぁ。
  • 2007-09-04
  • あっち
  • URL
  • 編集

[C454]

コメントをどうぞ
  • 2007-09-04
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C455]

上のは失敗です。すいません。

そして、日記の内容、なんか分かる気がします。
生意気言ってすいません。

自分はもともと教員にあこがれてて、でもアホみたいな理由で断念して。

そこでその教員とはまた違った立場から学校教育(生徒)を支援できる会社に入ろうと思ったわけです。
そうすれば赴任先の学校だけでなく、沢山の学校と関われるし、社会人として得る経験はきっと財産になるだろう、と納得してたはずなんです。

でも入社して数ヶ月、なんか違和感を感じてて。
すごい自分勝手だし、今得ているもの決してムダではないとは分かっているのですが…。

ただ今の状況から逃げているだけで、そんなんじゃ自分の望むような現実になっても結局苦しくなった時に同じように逃げてしまうのではないか、とも思うので今は今ある目標に向かって進んでいくだけしかないのかな、と思ってます。

長々とすいません(><;)
  • 2007-09-04
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C456]

その違和感は、きっと神様がくれた大切なきっかけ。
「ゆっけは善い方向に向かっているんだよ」っていうメッセージだと俺は思います。

気付かぬうちにプライドやら周りの目やらが邪魔をして、一番行うことが難しい「自分と向き合う」ってことが今出来ているんだから。

ゆっけなら大丈夫!!
きっと善い方向に進めるよ☆

遠くからいつもゆっけの幸せを祈ってます(^^)v
  • 2007-09-04
  • ゆっきー
  • URL
  • 編集

[C457] ひさしぶり

俺が大学でトレーナーを始めた時,似たような事を感じたよ.
それがなくなったのは新たな喜びや感動を見つけた時かな.
自分がリハビリやテーピングを施した選手が試合で死に物狂いで活躍する.
その時の感動はプレーヤー時とはまた違った感じだった.
今はミニバスでコーチしてるけど,バスケットボールに触れた事もなかった子達が試合を楽しんでいる.
この感動をまた格別かな.
  • 2007-09-05
  • もっとん
  • URL
  • 編集

[C458]

その違和感、結構共感する。だからこそ、いつまでたっても、バスケはやめられへんし、鍛えるのもやめられへんという部分もちょっとあるかな。プロじゃなくても、アマでもアスリートであることには、変わりはないと思うし、そうでありたいと思うのもあったりもするかな。。。
  • 2007-09-05
  • ウィノナで脹脛が太かった人
  • URL
  • 編集

[C459]

コメントをくれた皆、ありがとう。
かなり深く考え込んでたりしたので、その分、皆の共感やコメントが心に響きました。

あつし
自分の目指しているものに疑いはないけれど、それでも感じてしまうんだよね。
次の人生ではプロスポーツ選手になりますか 笑
俺も、是非一緒に働きたい!
それまでに経験とスキルを磨いてくるよ。

つよし
確かにね、違和感を感じてすぐに逃げ出してしまうのは間違いだと思う。それなりの期間、そこで我慢して学ぶ事は大切だと思うな。
教員をあきらめた理由は分からないけれど、まだ気持ちがあるのなら再挑戦していいと思うけれどな。教育に関わる別の視点での経験も生きると思うし。

ゆっきーさん
久しぶりです!
確かに、まさに「自分と向き合う」テーマだと思います。「夢」という言葉に覆われていた、自分の一番芯になっている部分ですから。
上手にこのチャンスを生かして、一歩進めたら、って思います。
優しいコメント、ありがとうございます。

もっとん
やっぱ同じ経験をしたのね。
俺は今、その両方を同時に感じて、ちょっとこんがらがってる状況だよ。
確かに、トレーナーとしての喜びも感じているんだけれどねー。
もうちょい、時間がかかるかもしれないや。

S君
そうそう、だからこそ自分がプレーする事はやめられないし、ただバスケを楽しめればいい、とは思わないんだよね。上手くなりたい。
アマでもアスリートである事ね。
その通りだ。

[C460]

すごくわかります。
人の気持ちなんて、そう簡単に理解できないけど、ここに書いてあることすごくわかります。

失敗や挫折はだれもがするし、それを乗り越えれば強くなる。
とはよく聞くけど、やっぱそんなに容易くないよね。
  • 2007-09-07
  • 田代
  • URL
  • 編集

[C461]

多分、君は理解してると思う。

[C462]

ゆっけの気持ち、よく分かります。
自分も同じよな気持ちを感じたことがあるよ。
私は病気で運動出来ない時期があったから、
今はプレー出来るだけで結構幸せ。



ってのは、嘘です!(笑)
やっぱり上手くなりたいって、やってる以上は思ってしまうよね~。。

でも今感じてる苦しさ・違和感を、いつか思い出して笑える日がきますように・・・!
頑張れゆっけ☆

[C465]

返事が遅れてすまん、曽根。

そうそう。
プレーできるだけで幸せ。。。。じゃ納まらないんだよね。
また、一緒にバスケするぞー。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。