Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C595] 同感

Shinsprintも結構痛いし、慢性化すると二次傷害を起こしちゃうから厄介だったりするよね・・・・。
おれもYUSUKEに同感!
ATはアクティブであるべきと思う。

さてさて、Shinsprintだけど、俺の昨年の研究テーマ。
内容はというと、足部だけではなく、上からの問題も絡んでるんじゃないかって事。
色んなケースを見てみると、股関節周囲に問題があるケースもあるので、そこらへんも見てみると面白いかも!?

あと、足部に関してはTP-PeroneusのバランスやTPの付着部に対しての直接の圧迫(かなり痛い)が結構効果的だと思うよ。

[C596]

いやいや、ほんとに自分が怪我して学ぶことは多いね。俺も、膝(ちょうどオスグッドの部分の)炎症でかなり学んだわ。今だにまだ少し痛みがのこってて、あと少しって感じやねんけどね。S&CのGAの立場を存分に利用して、ATのヘッドの人にばっちり見てもらって、お尻のエクササイズを実行中。ついでに、同じサイドの捻挫の後遺症処理のエクササイズも。ATによると、捻挫後の不完全な足首が、お尻の筋肉のアンバランスを作って、それが膝に出てるとか。確かに足首のstiffnessの解消とお尻の筋肉(abductors & Ex rotators & groin muscles)のエクササイズを続けるにつれて膝の調子がどんどんよくなってきてる。ついでに、マヤのお母さんお勧めの漢方も。

アスリートを指導する立場の者としては、トレーニングであれ、スポーツをすることであれ、怪我であれ、とりあえず全部勉強になるね。
  • 2008-01-20
  • 脹脛の人
  • URL
  • 編集

[C597] 怪我

俺もいっぱい怪我持ってますわー><
シンスプリントにACLも切ったし・・・
今はただの運動不足ですけども
今日まいちゃんとウィノナまで遊びに行きます笑
  • 2008-01-20
  • かける
  • URL
  • 編集

[C598]

海さん
自分も、ちょうど海さんのブログを読んでいたところです。偶然ですね。
今はもう日本でしょうか?
上の方からの影響ですか。
一度海さんに診てもらいたいです。
付着部に対しての直接の圧迫は実践してますが、結構痛いですね。
同じのをアスリートにもやりましたが、こんなに痛かったのね、って 笑

S君
いいねぇ。
怪我をきっかけに、色んな知識の引き出しが増えるよね。しかも自分で効果が感じられると、自信を持って選手に対応できるしね。まぁ個人差というのは考えなきゃならないけど。
もしかしたら、エクササイズ以上にマヤちゃんのお母さんの漢方が効いてたりしてね 笑

かけるくん
そういや、ミネソタで会った時に、ACLやったって言ってたっけか。
リハビリの経験は、ATとしての経験にもなっただろうね。
俺はバスケできなくなるの嫌だから、ACLはちょっと勘弁だけど。
ウィノナ、小さな町だけど、素敵だよ。
楽しんでおいでー。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

shin sprint

Medial Tibial Stress Syndrome(MTSS)とも呼ばれ、脛の痛みの総称です。
痛みを引き起こしている可能性としては、

tibialis anterior tendinitis
tibialis posterior tendinitis
tibial stress fractures
figular stress fractures
anterior compartmtne syndrome
inflammation of the interosseous membrane

つまり、色々考えられます。
ランニングが関係する傷害の10-15%を占め、アスリートの足の障害の60%を占めるとも言われる、非常によく見られる障害です。
フットボールチームで実習していた時にも、今のバスケットボールチームでも、この傷害を抱える選手がいます(いました)。
痛みが出る状況や、パフォーマンスへの影響から4段階に評価されます。

なんでshin sprintについて書いているかというと。

自分の右足に起こっているからです。
もともと偏平足なので、Predisposing factorと呼ばれる要素はあったのですが、左足首の捻挫によるランニングやジャンプのバイオメカニクスの変化、あとはトレーニングの内容を変えた事が理由でしょう。
痛みの場所からして、tibialis posterior が関わっている模様です。

段階に評価するなら、まだパフォーマンスへは影響してないので、2という感じです。
痛くて嫌だけど。

ただスポーツをするだけなら、マイナス面にしかならないけれど、Athletic Trainingを学んでいる身、少し得した気分にもなってます。

先にも書いたように、珍しくない傷害で、症状を聞けば、”ああ、shin sprintね”となりますが(もちろん、何が原因かを突き止めます)、実際にどんな痛みなのかっていうのは経験してみなければ分かりません。

今は、shin sprintを訴える選手の気持ちが前より分かります。

ちなみに、処置としては(筋が関わっている場合)バイオメカニクスの確認と改善、練習環境の確認と改善、アイシングとストレッチ、足のアーチサポートテーピング、そして休養が主です。
特に最初の二つを怠ると、確実に再発するでしょう。
トレーニングルームでは、アイシングとE-stim(電気療法?)を使ったりします。
ヘッドトレーナーのDaveに言わせると”Suck it up!!"ですが 笑


先日、捻挫した左足首に自分でテーピングを巻くときにヒールパッドの当てる位置を色々変えてみたり、テープの種類や巻き方を色々変えてバスケをしていたら、見事なblister(まめ)がアキレス腱の停止部辺りに出来ました。
これまた結構痛かったのですが、絆創膏を試したり、ヒールパッドの二枚重ねを試したり、blister用のパッドを試したり、併用したりして、一番痛みが軽減されるであろう方法を探しました。
(やはり、専用とだけあって、blister用のパッドを直接当てた時が一番楽でした)


少し前に、Athletic Trainerはアクティブであったほうがいい、という記事を書きました。
その時は割りとStrength&Conditioning寄りの理由だったのですが。
今回はAthletic Training寄りの理由になりますね。

怪我を経験するのは、とても大切だと思うし、勉強になります。
ACLとかは勘弁だけれど。
切ったら切ったで、いい勉強になるんだろうな。


おまけ
"Giving Athletic Trainer's Job Security"
クラスメイトから送られてきました。
http://www.youtube.com/watch?v=9QTCBrefXso
スポンサーサイト

4件のコメント

[C595] 同感

Shinsprintも結構痛いし、慢性化すると二次傷害を起こしちゃうから厄介だったりするよね・・・・。
おれもYUSUKEに同感!
ATはアクティブであるべきと思う。

さてさて、Shinsprintだけど、俺の昨年の研究テーマ。
内容はというと、足部だけではなく、上からの問題も絡んでるんじゃないかって事。
色んなケースを見てみると、股関節周囲に問題があるケースもあるので、そこらへんも見てみると面白いかも!?

あと、足部に関してはTP-PeroneusのバランスやTPの付着部に対しての直接の圧迫(かなり痛い)が結構効果的だと思うよ。

[C596]

いやいや、ほんとに自分が怪我して学ぶことは多いね。俺も、膝(ちょうどオスグッドの部分の)炎症でかなり学んだわ。今だにまだ少し痛みがのこってて、あと少しって感じやねんけどね。S&CのGAの立場を存分に利用して、ATのヘッドの人にばっちり見てもらって、お尻のエクササイズを実行中。ついでに、同じサイドの捻挫の後遺症処理のエクササイズも。ATによると、捻挫後の不完全な足首が、お尻の筋肉のアンバランスを作って、それが膝に出てるとか。確かに足首のstiffnessの解消とお尻の筋肉(abductors & Ex rotators & groin muscles)のエクササイズを続けるにつれて膝の調子がどんどんよくなってきてる。ついでに、マヤのお母さんお勧めの漢方も。

アスリートを指導する立場の者としては、トレーニングであれ、スポーツをすることであれ、怪我であれ、とりあえず全部勉強になるね。
  • 2008-01-20
  • 脹脛の人
  • URL
  • 編集

[C597] 怪我

俺もいっぱい怪我持ってますわー><
シンスプリントにACLも切ったし・・・
今はただの運動不足ですけども
今日まいちゃんとウィノナまで遊びに行きます笑
  • 2008-01-20
  • かける
  • URL
  • 編集

[C598]

海さん
自分も、ちょうど海さんのブログを読んでいたところです。偶然ですね。
今はもう日本でしょうか?
上の方からの影響ですか。
一度海さんに診てもらいたいです。
付着部に対しての直接の圧迫は実践してますが、結構痛いですね。
同じのをアスリートにもやりましたが、こんなに痛かったのね、って 笑

S君
いいねぇ。
怪我をきっかけに、色んな知識の引き出しが増えるよね。しかも自分で効果が感じられると、自信を持って選手に対応できるしね。まぁ個人差というのは考えなきゃならないけど。
もしかしたら、エクササイズ以上にマヤちゃんのお母さんの漢方が効いてたりしてね 笑

かけるくん
そういや、ミネソタで会った時に、ACLやったって言ってたっけか。
リハビリの経験は、ATとしての経験にもなっただろうね。
俺はバスケできなくなるの嫌だから、ACLはちょっと勘弁だけど。
ウィノナ、小さな町だけど、素敵だよ。
楽しんでおいでー。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。