Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

気遣い

「自分がされて嫌な事は、他人にしない」
というのは人間関係の基本。だと思う。

でもこれは、
「自分がされても嫌でない事なら、他人も嫌でない」
という事ではない。当たり前だけれど。

「自分は気にしないけれど、もしかしたら相手は気にするかもしれない」
これを気遣い、と呼ぶのでしょうか。

この気遣いには上手下手があると思う。
上手な人は、気遣っている事すら、相手に気づかれない。
下手な人は、裏目にでてしまったり、逆に人間関係をギクシャクさせてしまったり。

気遣れ(きづかわれ)上手、という人もいる。
相手の気遣いを汲み取れる人。
相手に気持ちよく気を遣わせられる人。
自分の知り合い、友達にも、わずかだけれど数人います。
伝えたら意味が無くなっちゃうから秘密だけど。

中には、気を遣われる事が下手な人もいる。気がする。
相手に気を遣われている事に気付かない人。
気遣いが下手な人の行動(結果)で判断し、その心を汲み取れない、汲み取ろうとしない人。

気遣い、という観点で人間関係を考えたときに、「正しい」「正しくない」というのは度外視されたい視点。

自分は下手でもいいから気を遣う事を忘れない人間でいたい。
それと同時に、上手に気を遣われる人間になりたい。

こーいう事をしばしば考える自分は、人間関係があまり得意ではありません。笑


Mississip St.から、帰ってきました。
前の日記に補足で結果を付け足しておきました。
興味ある人はあんまりいないだろうけれど、とりあえず。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。