Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

vs. Vanderbilt

全米ランキングNo.14のVanderbiltを迎え撃つティップオッフまであと3時間。
先週全米No.1のTennesseeを破ったVanderbilt、ホームとはいえ厳しい戦いになる事は間違いなし。

ロードでの2連敗の影響で、後一歩でトップ25というラインから一気にランキングを落としたArkansas。
今朝のESPNでは3人のコメンテーターのウチ2人がArkansasのNCAAトーナメント出場は無理という意見。
(NCAAトーナメントには、レギュラーシーズンの成績によって、全米から64チームが選ばれます)。

この一戦は今のウチに対する評価をひっくり返すには申し分ない相手。
全米でも指折りの熱狂的なファンの声援を背に、頑張れ選手達。


で、試合から帰ってきました。
さすが、March Madnessと呼ばれるカレッジバスケの最終月にしっかりランクインしているチーム。
非常にタフなゲームでした。
リードしていても、引き離しきれない怖さを終始感じました。
相手のエースのスリーポイントが神がかり的だったのも脅威。
ウチの213センチのセンターのブロックをフェイダウェイでかわしてのスリーポイントや、勝負どころでほぼ100%決めたスリーポイントで、何度ウチのベンチをBad wordの嵐にし、観客にため息をつかせた事か。

残り3分を切って、一点差の攻防。
何度リードが変わった事か分かりません。
残り1分を切って、ウチの2点リード。
相手のエースのスリーもあるし、相手のセンターもスリーを打ってくるので少しもリードしている気分にならない展開。

が、最後の幕切れは、以外なものでした。
タイムアウトが残っていない事に気付かなかった相手のプレイヤーが審判にタイムアウトを要求し(テクニカルファール扱いになって、フリースロー2本+ボールの所持件)、均衡がくずれ、その後の相手のファールゲームにもフリースローをしっかり決めて、逃げ切りました。

(ランキングや成績上では)格上の相手との接戦を制したのは非常に大きい。
霞みかけていたNCAAトーナメント出場が、これでしっかり見えます。

"We are still alive, Yusuke!!!"
試合後、HCも物凄く興奮してました。
試合中はもっと凄かったけど(審判のコールに対して、あわやテクニカル。毎試合ヒヤヒヤです。)


シーズンが始まる前に試合の日程表をみて、結構な試合数だな、と思ったのも、気が付けば残すところ2試合。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。