Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C696]

かっけー。ゆっけかっけー。マジで。
俺には手ごわい過去ねぇな 笑
  • 2008-04-15
  • たろう
  • URL
  • 編集

[C697]

カッコイイのは、ミッチーだよ 笑
(スラムダンク読んだ事あるよね?)

意識してないだけかもしれないし、過去はこれから生きていく分だけ生まれるからね。
お互い、卒業後の一年をいいモンにしよう!
俺はまだ何も決まってないけれどね 笑

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

過去

自分の過去を自分で客観的に、そして正確に評価する事は難しい。
のど元を過ぎて熱さを忘れてしまったり、
過去を思い出し評価する”現在の”自分は絶え間なく変化しているから。


”俺の若いころはな。。。”

英語だと、
”I used to be,,,,”

その繰り返しで、自分の思い込みが自分の過去を自分の世界の中だけで創り上げてしまう事だってできる。
意図的だとしても、無意識だとしても。

大抵の理由は、今の自分を守るためだったりするんじゃないか、と思う。


もちろん過去には自分を支える出来事や達成してきた事、そして誇りに思っている事がある。
そんな出来事達を、時々、”できるだけ”客観的に見直します。

自分が信じている、自分の過去は、本当か?
自分で都合よく捻じ曲げてしまってはないか?

と。


こんな事を文章にしていたら、とある名場面が頭に蘇りました。



”あいつは過去を美化し、今の自分を責める傾向がある”

スラムダンクのメガネ君こと小暮による三井の分析。
(知っている人の方が多い事を願います)

理由が、強い後悔の念によるものだとしても、やはりカッコイイ。
炎の漢、三井寿。

そして、安西監督のこの言葉。
”だがそろそろ自分を信じていい頃だ。今の君はもう十分あの頃をこえているよ


過去というのは、自分を支える為だけじゃなく、今の自分と闘わせる為にも存在するんだろう。

一生懸命に生きた”今”は、後者の考え方をすれば、後となれば、手ごわい”過去”。

スポンサーサイト

2件のコメント

[C696]

かっけー。ゆっけかっけー。マジで。
俺には手ごわい過去ねぇな 笑
  • 2008-04-15
  • たろう
  • URL
  • 編集

[C697]

カッコイイのは、ミッチーだよ 笑
(スラムダンク読んだ事あるよね?)

意識してないだけかもしれないし、過去はこれから生きていく分だけ生まれるからね。
お互い、卒業後の一年をいいモンにしよう!
俺はまだ何も決まってないけれどね 笑

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。