Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自転車

ちょいとした事情で、テツさんから自転車を借りました。
考えてみれば、アーカンソーで自転車に乗るのは初めてかもしれません。
ということは、実に2年ぶり。

乗って数歩(?)漕ぐと
「やべえ、自転車楽しー」
というのが率直な感想でした。
自然と笑顔に。

車よりもゆっくりと流れる周りの景色。
ガソリンの消費が嫌になる上り坂も、自転車で上れば達成感と心地よい疲労。
下り坂は、上り坂で貯めた位置エネルギーを使って、びゅー。

ぷるるっぷー てれれってー とろろっとー たたー

というのは、小学生の時に読んだ絵本にでてきた、兵士の後進を描写した表現ですが。
なんか、そんな感じでした。

腰を落ち着ける場所が決まったら、自転車購入は間違いなしです。



話はかわりまして。

夢を追っかけてばかりもいられませんので、現実的な将来を考えます。当然。
25年生きてきた。
25年で培ってきた、自分の中にある、直感に近い「モノ」を信じつつ、
それに捉われてはいけない、と戒める自分もいます。
そう、捉われてはいけないのです。
が、愚直に直感を信じる、というのは思いがけない力を生む事があります。これは経験済み。

10年単位で成し遂げたい目標は大きくある。
でも、そこに繋がる道は、ぼんやりとしかみえない。
見える限りの小さな目標に手を伸ばしていたら、いつか見えるのだろうか。
この不確実さ(不安とはちょっと違う)が、自分を揺さぶります。

「人間は安定を求める」という某名漫画の台詞が浮かびます。
夢や目標は、それに向かって人を安定させる。精神的に。
そういうのが無いと生きていけない人っていると思う。
自分もそうなのかもしれません。
自分では、純粋に叶えたい、と思っているのだけれどなー。

なんて事を考えていると、
自給自足の素朴な暮らしに憧れる自分が、ひょっこり顔を出したりします。
夢とか、目標とか考えずに、その日一日一日をゆっくりと生きる。
「恵みの雨」なんて、普通に暮らしていたら分からない感覚なんだろうな。
まぁ、これは年を取ってからでもできるか。


まずは、今自分が信じている事のてっぺんを見てみたら、何かわかるかも。

今文章にした事の何十倍も考えたけれど、
どんなに色々考えたって、そこに一緒にいて欲しい笑顔がある。
これだけで、十分幸せなんだろうな、とも思う。


いい車に乗りたい、乗りたい、と思っている人が、
実は自転車が大好きだったことを忘れている。
そんな事のないように。



たたー
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。