Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C133]

すっごい経験していますね。
オレも以前病院でバイトで手術の手伝いしていました。
っていっても患者を抑えたりするのが役目でしたが。やっぱ血を見るのはなかなか慣れないですけどね(笑)
  • 2006-11-06
  • しょうへい
  • URL
  • 編集

[C134]

うん、なかなか貴重な経験を積んでいると思うよ。
道に迷う経験はもういらないけれどね。

バイトで手術の手伝い?
そんなバイトあるの知らなかった。
患者を抑えたりするってリアルだな。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

手術見学

日の出前。
紅葉に彩られたハイウェイを西へと車を走らせる。
自分の息が白く見える車内。
ラジオから流れてくるクラシックロックを聴きながら、
凍える手をコーヒーの入ったボトルで交互に温める。
暫くすると、バックミラーにはオレンジ色の朝日が。


先日、プログラムの一環として、手術見学に行ってきました。
今セメスターは下半身を勉強しているので、足首と膝の手術をセメスター中に見学することが義務づけられています。
自分でドクターとコンタクトを取って見学予定をとりつけます。

Yahoo directionに拠ると、自分の見学する手術が行われる病院は家から40マイル、約40分の場所。7時半に病院に行くように言われていたので、余裕も持って6時に出発。方向音痴なんで倍の時間を。

冒頭の文章は”地図どおりならば”後数分の場所での自分。
「いい感じ」だったんです。
で、”やっぱりね”という声が聞こえてきそうですが、迷いました。

そのハイウェイからJefferson streetを左折すれば病院はあるはずなのに、Jefferson streetが一向に現れない。
もうちょい進んでみるか、と車を走らせるとハイウェイは山の中へ突入。
こりゃイカン。と自分が通り過ぎている事に気づいて引き返す事に。

前が見えない

朝日が眩しすぎて前が見えないんです。
ま、これも想定内なのでサングラスを着用。

視界、変わらず。
むしろ悪化。

10ドルのサングラスで太刀打ちできる日差しじゃなかった。
神経を尖らせながら引き換えしていると、

"Arkansas”

の看板が。
どうやら州外まで行っていたようです。
通り過ぎたことを(確認するまでも無かったけれど)再確認して、道路名に注意しながら走れど、Jefferson streetは見つからない。

時計は7時15分。

もう諦める寸前で、病院へ見学をキャンセルする旨の電話する事を考えてました。
最後の悪あがきで、適当に右折すると、明らかに病院のある雰囲気でない場所に。
その道から引き返す途中、視界の片隅に

「H」

と書かれた小さな看板が。
下には小さくhospitalの文字。
ハンドルを切ってその標識の刺す方角に向かうと

Jefferson st.

間抜けですが、「Jefferson!!」と、 Jeffersonという名の友達と再会したかの如く、声を上げてしまいました。
その後は病院を見つけるのは何の苦労も無く。
5分前に到着しました。

冒頭の文章の時点では想像も付かないドタバタでしたが、無事に手術を見学できました。


長くなりましたので、手術に関しては別欄で。


手術は執刀医と同じ距離で見学をさせてもらいました。
患者は50歳なかばの女性。
足を捻挫したときに、peroneal tendon(外側の踝の下を走っている腱)が裂けてしまったとの事。
メスで足を裂くと、retinaculm(腱を押さえる膜)は無事な事が判明。それをハサミで切ると、勉強したものと全く同じ構造が現れました。
腱は真っ白。
で、問題の腱(peroneal brevis)は完全に断裂はしていなかったけれど、縦に裂けてました。それを縫い合わせ、さらに隣のperoneal longusと縫い合わせ。これは驚き。似た働きをする筋の腱とはいえ、
二つの腱をくっつけたんです。

手術は大きなものではなかったから、手術室はリラックスムード。
執刀医は歌を歌ったり、ナースをからかったりと余裕しゃくしゃく。

人間の体と医学ってすごい。
裁縫をしているような印象すら受けたけれど、それによって機能は回復するんだもの。

次の見学は再来週。

3倍の時間を見積もる事にします。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C133]

すっごい経験していますね。
オレも以前病院でバイトで手術の手伝いしていました。
っていっても患者を抑えたりするのが役目でしたが。やっぱ血を見るのはなかなか慣れないですけどね(笑)
  • 2006-11-06
  • しょうへい
  • URL
  • 編集

[C134]

うん、なかなか貴重な経験を積んでいると思うよ。
道に迷う経験はもういらないけれどね。

バイトで手術の手伝い?
そんなバイトあるの知らなかった。
患者を抑えたりするってリアルだな。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。