Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Senior day

昨日は今シーズン最後のホームゲーム。
この日はSenior dayというイベントが行われました。

ATRに行く途中、前に書いたシニアの選手が、フロントガラスに”It's my Senior Day!”と大きく書かれた車に乗って現れました。”こんなに大きく書いて前見えんのかな?”なんて思ったけれど、やはり4年間の選手生活最後のホームゲームは、働き始めて数ヶ月の自分には量り切れない、特別な日なんだというのが伝わってきました。

この選手、前に書いたneuromaに加えて、2週間前に膝と足首を捻挫してしまい、このSenior dayを最後に、シーズン終了を待たずに引退するかもしれないという話を聞いていました。それだけに、この日にかける気持ちは他のシニアの選手に増して強かったんだと思う。

試合前のシニアの選手紹介の時に、家族と一緒に入場して、これまでの成績や受賞した賞が読み上げられ、記念写真の入ったパネル等が渡されました。

この時点で選手は涙目に。
それと同時に、自分の家族や恋人を前にした気合いも伝わってきました。

試合の相手はUniversity of Alabama。
結果は3-0のストレート勝ち。


ただ、先に書いた選手は一度もコートに立たなかった。

一度、”すぐに戻ってくるから”と言って、脱いだジャージを俺に渡して試合に出る雰囲気を見せたけれど、コーチとの一言二言の会話の後に、またジャージを取りにきた。

他のシニアの選手が活躍するたびに、その選手の家族の喜びようや、誇らしい顔をみて、目頭が熱くなったけれど、その度に、試合に出ていない選手の家族が気になって仕方なかった。

彼女は一人だけジャージを着て(他の選手は頻繁に交代するから、ジャージを着ない)誰よりも声を張り上げてチームを鼓舞していた。
あれが彼女なりの、家族に見せる最後の勇姿だったんだろう。

今日は試合の翌日だから、練習は無し。

明日も彼女はATRに現れるのかな。
練習前のアイシングしか手伝えないけれど、待ってます。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。