Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C280]

娘を乗せて飲酒運転
親ってしっかりせんといかんよね。
子供はそりゃやんちゃな時期とかあるし、
悪い方向へ流れてく時期もある。
でも周りの大人がいい影響を与えることができたなら
いつか変わってくるんじゃないかなと思う。
俺らもそろそろそういう年代に近づきつつある。
子供のことを守ることのできる大人に…。
俺もとりとめのない文章です。
  • 2007-02-15
  • まご。
  • URL
  • 編集

[C281]

その恵まれた環境に気づいたのなら、Tsuyoshi Katakuraという個人が世界中の子どもにその環境を与えられないのなら、

せめてできることは自分の子どもにその環境を用意してあげることなのではないか。

と思いました。
  • 2007-02-15
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C282]

俺やったら、自分の親やその親類に先祖にむっちゃ感謝して、いままで以上に一生懸命自分の信じる人生を自分の信じる限り生きたいと思うかな。
  • 2007-02-16
  • Winonaのふくらはぎが太い人
  • URL
  • 編集

[C283]

まご
そうだね、俺らもそろそろ、そんな年だね。
みらあは幸せな家庭を築いてやー。

つよし
久しぶり。もうすぐ卒業だね。
そうだね。
自分のしてもらった事を絶やさないように受け継ぐ事がまず第一歩だね。

S君
自分を育ててくれた親を、育ててくれた親がいて、そのまた親が。。。。って受け継がれてきてるんだね。
俺も、いまのところの答えは同じだよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

あらいぐま

自分の育った環境に対する感謝の気持ち。
自分だけで気づけば一番なのだろうけれど、申し訳なさを感じながらも、他者との比較で感じる機会が一番多いのかもしれません。

先週の金曜日。
毎週と同じように、午前中はPhysician Rotation。
お医者さんの見学です。
この医者はgeneral doctorというのでしょうか。
風邪、糖尿病、から腰痛まで、色んな患者さんが来院します。
患者さんによっては、専門医へ受け継ぐパターンもあります。

ある親子がきました。
小学校低学年くらいの女の子と、母親。
女の子の両目の下には、大人の親指大の内出血。
そして額には1センチ位だけれど、まだ古くない深い傷跡。

少女をみた瞬間に、このセメスターで勉強した「racoon eyes」だと分かりました。racoonといのは、アライグマという意味なのですが、その名の印象とは打って変わって、頭骸骨骨折の可能性を示唆する一つの要素なんです。

医者の診察を見学しました。
この少女の両親は離婚していて、母親が育てることになっているが、定期的に父親と会う事が認められて、その日は父親とその子が二人きりで過ごす日だったそうです。

父親の飲酒運転による事故。

(不幸中の幸い、運ばれた病院は頭蓋骨骨折が無いと診断。)

医者に説明しながら泣き始める母親。
それを慰める少女。
母親が落ち着いた後、少女は俺の方をみて、悲しそうに笑いました。

あの年の子供がする表情ではありません。

背景を知らないのは承知の上でしたが、その両親に対する怒りやら、少女を哀れむ気持ちがこみ上げてきました。

今、書いていて気づきました。

自分は、この親子を見下していた。と。
言い方が悪いですが、

自分は、恵まれた側から、そうでない側を見ていた。
(この日記のタイトルを見れば分かるでしょう。この内容に対して、このタイトルが思い浮んでしまう自分。あえて、付けました。)

だから何を思えばいいのかが分からなったのかもしれません。

自分の生まれ育った環境への感謝。
これを感じた事は確かです。

が、ここだけで止まっていいのか。
自分が育った環境は、自分の力で得たものではなく、両親から与えられたもの。
では、その環境で育った自分は?

まとまらない上に、話が逸れてきました。
収集を文章でつける自信がないので、頭の中に戻します。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C280]

娘を乗せて飲酒運転
親ってしっかりせんといかんよね。
子供はそりゃやんちゃな時期とかあるし、
悪い方向へ流れてく時期もある。
でも周りの大人がいい影響を与えることができたなら
いつか変わってくるんじゃないかなと思う。
俺らもそろそろそういう年代に近づきつつある。
子供のことを守ることのできる大人に…。
俺もとりとめのない文章です。
  • 2007-02-15
  • まご。
  • URL
  • 編集

[C281]

その恵まれた環境に気づいたのなら、Tsuyoshi Katakuraという個人が世界中の子どもにその環境を与えられないのなら、

せめてできることは自分の子どもにその環境を用意してあげることなのではないか。

と思いました。
  • 2007-02-15
  • つよし
  • URL
  • 編集

[C282]

俺やったら、自分の親やその親類に先祖にむっちゃ感謝して、いままで以上に一生懸命自分の信じる人生を自分の信じる限り生きたいと思うかな。
  • 2007-02-16
  • Winonaのふくらはぎが太い人
  • URL
  • 編集

[C283]

まご
そうだね、俺らもそろそろ、そんな年だね。
みらあは幸せな家庭を築いてやー。

つよし
久しぶり。もうすぐ卒業だね。
そうだね。
自分のしてもらった事を絶やさないように受け継ぐ事がまず第一歩だね。

S君
自分を育ててくれた親を、育ててくれた親がいて、そのまた親が。。。。って受け継がれてきてるんだね。
俺も、いまのところの答えは同じだよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。