Entries

スポンサーサイト

解禁

先日、実習をしているBasketball teamの2008シーズンのmedia dayがありました。新聞各紙や、テレビ局が来て選手達にインタビューをしたり写真を取ったりするものです。何人もの記者に囲まれインタビューを受け、色々なポーズで写真を取られている選手達を見ると、「ああ、こういうレベルだったんだな」と改めて再認識。ただでさえ、アメリカのカレッジスポーツの人気というのは凄まじいのですが、プロスポーツがないArkansas州民に...

PTローテーション

以前の日記にも書いたように、今月は午前中に一つ授業、そして午後はPT(Physical Therapist、理学療法士)のクリニックに行っています。PTクリニックの数は結構あり、学生一人一人がそれぞれに割り振られています。自分が割り振られたのは、大学から45分弱(30マイル、大体50キロ)離れたクリニック。そして、その距離もあってクラスメイトの一人と一緒に割り振られました。一緒に行って、ガソリン代をセーブさせてあげよう...

SOS

助けてください。という意味のSOSではありません。昨日は、UofAがホストをした陸上の大会の手伝い。午後の2時から夜の10時までだったのだけれど、昼は日差しに焼かれ、夜は冷たい風に凍えました。学生に混ざって、NIKEと契約をしているプロのスプリンターも走りました。世界記録保持者らしいく、まさに圧巻の走り。一緒に走った学生達は、全米のトップクラスなのだけれど、それでもその差は歴然。スタートを切ってから数秒後。他の...

The pass

アメリカでのバスケは、日によって集まるプレイヤーが変わるのが楽しい。ジムのドアを開ける瞬間の、「今日は誰がいるかな」というワクワクが。今日は最上級のプレイヤー達に合えた、ラッキーな日でした。ジムに行くと、University of Arkansasのアスリート達が数名。フットボールの選手、陸上競技の選手、そしてバスケの選手。このバスケの選手は一年生ですが、Univesity of Arkansasの先シーズンの得点王であり、今年NCAAを制し...

他人や環境に左右されず、心を常に一定の状態に保っておきたい。という願望があります。少し語弊があります。+の感情への振れは大歓迎です。+への振れを拒むほど、まだ枯れてはいません。今週は大き目のテストがあった事と、自分の都合だけでは解決しない問題が幾つかあったせいか、昨日は自分でも少し疲れているな、と思っていました。そういう状況だと、普段であれば全く気にもならないであろう事や、気になっても「まぁいいや...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。