Entries

スポンサーサイト

スカウター

自分を知る、という事。過大評価は、必ず痛い目をみる。でも、それと同じくらい、過小評価もよくない。過小評価=謙虚ではない筈。相手(目標)を知る、という事。過小評価をすれば、必ず痛い目をみる。でも、過大評価をするのはスマートではないと思う。”獅子は兎を狩るにも全力を以てす”というのを、全てのケースに当てはめるのは違うと思う。人生は兎を狩る事だけじゃなくて、もっと複数の事が同時進行しているから。ライオンに...

気遣い

「自分がされて嫌な事は、他人にしない」というのは人間関係の基本。だと思う。でもこれは、「自分がされても嫌でない事なら、他人も嫌でない」という事ではない。当たり前だけれど。「自分は気にしないけれど、もしかしたら相手は気にするかもしれない」これを気遣い、と呼ぶのでしょうか。この気遣いには上手下手があると思う。上手な人は、気遣っている事すら、相手に気づかれない。下手な人は、裏目にでてしまったり、逆に人間...

水に流す

あたまにパッと浮かぶ事が、時々ある言葉です。英語に訳すと、Forgive and Forget。が、「許す」ってイメージを、自分はこの言葉の中に持ちません。理屈や、何が正しい、何が間違っている、といった事を無視した、潔い響きが好きです。「水に流す」人生の中で、こだわらなければならない事なんて、そう多くはない(気がする)。だから、何か嫌な事があったり、されたりしても、さらっと水に流す。素敵な言葉を持つ日本語。生き方の...

四妖拳

昨日、Finalと呼ばれる期末テストを終え、この学期も終了。来週の頭にリハビリのケーススタディの進展をある程度まとめて提出しなければならないけれど、ひとまずは。毎度の事ながら、あっという間に過ぎていきます。この学期は大好きなバスケの実習がはじまったので、なおさら。そんな中でも、GREやCSCSと、大学+αを自分なりにこなせて結果も出せたのは良かったかな。来学期は、いよいよ最後の学期。4月には、この留学の最初の目...

sontoku

「損をして生きる」いい言葉だな、と思ってました。思っています。こういう生き方を、無理せずに出来るようになったらいいな、と。当分、というか、一生かかっても出来るか分かりませんが。でも、ふと思いました。この考え方をする時点で、物事を「損」「得」でみているな、と。人間なので仕方ないといえばそうだけれど。価値観を持っていれば、避けられない気もするけれど。損得を考えずに生きることができたら、この考え方すら必...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。